お気に召すまま

自分の考えを文字化して表現する練習をさせていただいています。あとストレス発散です。

孤独の介護

介護は介護が必要な人の生活をサポートします。

日々の生活をサポートするというのは他者から評価されにくいです。

人同士のやりとりのため数値化が難しく、室内で密室だから見え辛いのです。

 

仕事として介護に従事している人は会社から給与という報酬を得ているのでまだマシだけれど、肉親やパートナーとか義理の親の介護はとても大変だと思う。

 

周りが同じような負担で介護が必要な方を支えられるのなら自宅での介護でもなんとか可能かなぁとも思いますが、実際は子供やお嫁さん、配偶者が少数あるいは一人で支えている。

周りにほぼほぼ丸投げされて介護をされている方の孤独は計り知れない。

はたから見ている人は介護に携わらないから苦しさを理解することは出来ないし、避けられる苦労であるならば他の人に押し付けたいのが人の心情のはずですから。

介護が必要な人には介護する人が支えてくれるが、介護する人を支えてくれる人はそうそういない。

 

今の介護は孤独だなと思う。

一人でなんでもしなければいけない。孤独は人の視野を狭くする。

心に余裕がなければ人に優しくなんて出来ない。

「頑張ってるね」なんて上辺の労いなんていらない。「手伝うよ」と言って実際に苦労を共有してあげる事の方が介護には必要だと考えます。

それが介護をする人にもされる人にも助けになる。

 

介護の仕事をしてきて感じた事があります。理想の介護としてカタられているような、利用者さまの尊厳を守り、その人がその人らしく生活できるよう日々を支えていくという理想はおそらく可能だということ。

でもそれは可か不可かと言えば「可」というだけであって、実際に行えるかは別の話です。

上記の理想的な介護を行うには多くの時間と労力を要します。実行すれば介護する人は自分の人生の多くを費やさなくてはいけない。自身の力で日常生活を送るのが難しい方を支えるのはそれくらい大変な事だと思うのです。

 

在宅で介護されている方は凄いと思う。

自分でない誰かを守るために 自らの人生を削って、誰かに賞賛されるわけでもなく、時には献身している相手に文句を言われ耐え続ける。

介護から解放されたとしても物理的に得るものはない。優遇されることもない。

 

「親の面倒は見るのが当たり前」、「弱者を助けるのは当然」

そんな数十年の固定観念はいらないです。数百年前は山に親を捨てていたし、権力者は気に入らなければ弱者を斬り捨てていたらしい。

なるたけ自分の負担が少ない介護を見つけた方が良いです。見つけ方が分からなければ役所にでも行ってどうにかしろと丸投げすればいい。少なくとも理念には市民の役に立つ事を掲げているので本望のはずです。

 

私は介護を行う時、オーバーワークにならないようにを心掛けています。

とにかく自分に余裕を持たすようにします。

頼れる時に人にお願いする。その代わりに頼まれた時にお手伝いする。

施設は人員不足で大変ですが「なるようになる」くらいの気持ちで臨みます。

それが結局betterな選択なのかなぁと現時点では思います。

誰かに期待はしない方が良い

最近読んだ本に「人に期待をしない方がいい」ということが書いてありました。私も自分が相手に対して期待してしまうからイライラしたり落ち込んだりしてしまうのかなぁ・・・と考えていたのでしっくりきました。私が相手に期待するのが勝手になように、相手もまた期待に応えるかどうかは相手の勝手な訳で思い通りになることの方が稀な気がします。期待しとかない方が見返りがあった時に嬉しさが増しますしね。

 

ちなみに私が読んだのは、ひろゆきさんの「働き方 完全無双」という本です。こうした方がいいよ、これはしない方がいいよ的なことが理由を提示して書いてあるので面白かったです。好みは別れてしまいそうですが楽しめるかと。

 

私は人に期待をしない方が良いし、自分自身にもあまり期待しない方が良いとも思っています。

 

私は老健の入所で夜勤をしています。17時〜9時30分まで勤務するのですが、仮眠時以外は落ち着ける時間は基本ないです。この前は体調不良者が10名以上いたりしたので過酷でした。

人間余裕がなくなると保身に走ります。排泄介助も手早くやろうと強引になるし、トランスも自分本位で行なってしまいます。利用者様に対して機械的に動いてしまう自分をふとした時に軽く絶望します。介護なのに自分のタイムスケジュールを優先して利用者様の気持ちを考えず行動する。そしてそれが日常になって人間味がだんだん薄れていく感覚。自分の根っこは器が小さくて、冷たくロクでもない人間だと実感します。

 

先日、パン屋で買い物をしていた時です。私の視界の隅でおばさんがトングで取ろうとしたパンを滑らせて床に落としました。おばさんは拾い上げたパンを売り場に何事もなかったかのように戻しました。店員さんに報告して謝るという選択をせず。私も店員さんに教えれば良かったのですが想定外の事態に動揺しておばさんがパンをどこに戻していたのかわかんなくなってしまうという始末。

私もおばさんもいい年した大人なのにね・・・しょうもない。

 

逆に10代後半くらいのちょい不良っぽいお兄ちゃんがお店入り口の重たいドアを開けて後ろにいた私を通させてくれたり。

でも私は彼に「すいません」と会釈くらいしかしていません。人に親切にして、得られたものが30過ぎのおじさんの感謝だけという事実。

 

人に期待なんかするもんじゃないなと。

働き方

お疲れ様です。夜勤明けでややテンション高めです。

 

皆様は職場に何分前くらいに到着しますか?

私は夜勤の時は一時間前、その他は30分前には働ける状態で職場にいます。

本当ならギリギリに出社してプライベートの時間を確保したいですが、私はオン・オフの切り替えがヘタクソなので仕事場へ行って少しずつ気持ちを働くモードにするため早めに職場へ到着します。

ゆっくり着替えて、ゆっくり情報収集して、簡単な雑務を勤務開始前に出来るだけ済ませます。その方が勤務時間が始まった時流れに乗れるのです。

 

他にも早めに出社するといくつか利点があります。

1番大きいなと感じるのは、同僚の方に割と好印象を与えられるところです。「いつも早く来て偉いね〜」と褒めてもらえたり、「来るの早っ!」と相手が笑いながら話かけて来てくれたりします。人見知りの私でも人間関係が良好に保てるのでお得です。

 

雑務をやっておくと勤務時の自分が楽になるし、周りの評価もほんのりプラスされます。特に年上の女性先輩に効果抜群です。お局さんに目をつけられにくくなります。たまにお菓子くれたりのオプション付きです。ありがとうございます。

 

あとは利用者さんの様子をなんとなく観察できたり、申し送り用紙を自分のタイミングで読めて焦らなくて済みます。

 

まぁ入所施設に転職して8ヶ月、順調に社畜化している私ですがこの前新人研修を受けさせていただきました。上層部と言いますか今までお会いしたことないお偉い様の話を聞けました。

なるほど、上に立つ人は話し方が上手くて面白いです。お金の話をそらで額や単位をスラスラ喋れてしまうのに驚いた。なんというかプロフェッショナルなおじさんがそこにはいました。

老健を維持していくのって大変なんだなーって。介護が安月給なのもしょうがないかと少し納得した。「ベット稼働率はあくまで目標なので落ちることも踏まえるが、評価されるのはやはり数字だ」と相談員さんが言っていたのが身に詰まった。

研修を受けて介護職の環境がけっこう劣悪なのは誰か一人が悪い訳ではないんだなというのが分かった。経営者は経営のプロで、施設長は医療のプロで、それぞれに役割りが違う。全員が職場の環境を良くしようとしてはくれている。でも介護のプロではないから介護現場の本当を理解出来ないのだろうなとも思った。

 

研修で介護職の給料水準はこれから上がっていくと話していた。でも私はおそらく介護職の給与は上がらないだろうと思っている。もしくは高水準の介護士とそうでない介護士の二極化する気がする。

介護に携わってきて現状の愚痴はよく聞くけれど、介護環境を本気で変えようと思っている介護士に出会ったことがない、自身も含めて。世の中にはいるのかもしれないが、きっとその方達が高水準の介護士の礎になっていくのだろう。残りの大多数は今まで通りのはずだ。自分の生活で一杯一杯なのに未来の介護のために犠牲になれる奇特な人は稀だから。

 

私に出来るのは、新しく入ってくれた介護さんに自分の持っている技術を惜しみなく伝えて、意思疎通して時に怒らず叱れるよう努力する。利用者様にも同僚にもやさしく接する心の余裕を持てるよう環境を快適に少しずつ変えていく。勤務時間外の仕事をせずとも仲間が働ける職場にしたいなぁ・・・。

 

介護職は気持ちを維持出来れば多くの人ができる仕事なので働きやすい職であるのが理想なのだけどなぁ。

 

 

kaifukusubc.hatenablog.com

kaifukusubc.hatenablog.com

 

 

 

 

 

認知症の方

 お久しぶりです。

いつの間にか前回の投稿から二ヶ月も間が空いてしまいました。お仕事やら私用やら家でゴロゴロしていたりで書く時間が無くて・・・。今日は久しぶりの連休で気力充分、やる気ありです。

 

今日のテーマは、「認知症の方について私が最近思っていること」です。

私は今月で介護の仕事に携わって五年目になるのですが、今まで認知症はご病気という認識でした。しかし現在私は認知症というのは、病気ではなく人がより生物らしく原点回帰をしているだけなのでは?と考えています。

 

去年の九月から認知症が入所されている棟で勤務をしているのですが、活動的な方は我が道を行く人が多い気がします。まぁ平たく言えば集団生活なのに空気も読まず我儘で融通効かなくて面倒くさい人な訳ですが、これは介護する側(私)の主観なのでどうでも良いですね。すみません。

 

原点回帰なのでは、と思う理由をいくつか挙げていきます。

トイレに行ったにも関わらず五分後に再び行きたいと言い、その訴えが延々と継続する。(膀胱炎の予防、職員の時間的制約などの理由があるので対応出来ない時があります)

日中ひたすら「すいません」、「助けてください」等の注意獲得行動をとる。

他者の食事を取って食べてしまう。

介助なしでは立位が難しく転倒のリスクが高いが目的(トイレ等)のために立ち上がろうとしてしまう。

水分制限があるが超過水分を取ろうとする。

オムツを外してしまう。

入浴、排泄や口腔ケアを嫌がる。

取り敢えず主要な事例を書いてみました。

上記を見ていくと、自分の現在の欲望に忠実なんですよね。

他人(未来の自身も含めて)よりも先ずは自分の欲求を満たしたい。

 

世間的は自分本位の人をあまり良しとはしないですが、それは生き物的には少数派なのでは?と私は思っていて。つまり認知症の方たちの行動の方がより生き物らしいと感じるのです。

 

尿意を感じたから排尿したいし、上手く体動かせないから誰かに手伝って欲しいし、喉乾くから水飲みたいし、近くに食べ物あるから食べたいし、違和感あるから下半身フリーにしたいし、面倒くさい事はしたくないといった具合に。

 

いわゆる健常者よりも認知症の方のほうがシンプルで生き物の原点に近い気がします。

 

転倒して骨折したり食形態違くて誤嚥、不衛生・不摂生で病気になりやすく自分の状態を上手く認識出来ないというのは確かに危険ではありますが・・・。

 

病気というカテゴリーに入れて一括りにしちゃっていいのかしら?と感じています。

社会の中で複雑に生きている我々の方がむしろ病気な気もします。

 

うーん、このテーマ私にはまだ早かったかもですね。上手く文章で伝えられた感がありません。でも最後まで読んで頂きありがとうございました。読み辛くてすみません。

今日はこの辺で。ではー。

 

 

kaifukusubc.hatenablog.com

 

介護士は誰にでも出来る仕事

ブログ二回目の投稿です。

 

こんにちは、本日は夜勤明けです。

夜勤が素敵なのは、「明け」⇨「公休」になるので連休気分を味わえるところですね。あと朝日を浴びながら自転車で帰るのも清々しいくて得をした気分になります。

なので私は夜勤は嫌いではないです。

ただ身体には凄く負担が掛かるし少人数での勤務になるので精神的疲労はかなり大きいですね・・・。体調悪いなかで夜勤をしたら帰宅後血尿が出たことあるのでリスクはかなり高い気がしますね。手当も私の施設は六千円ですし、介護施設経営の鬼畜ぶりが垣間見えます。仮に私が倒れて働くことが困難になっても施設は助けてはくれない。使い捨てにされるんだろうなー。

 

でも介護職は辞めたいとは思はないです。仕事としての介護は私にとってとても有益だからです。日々勉強出来るし、月々お金を安定して頂けるし。

学びながらお金を貰えるシステム。私にとってはありがたいです。

あと給料上がって、休み多くなって、従業員さんが増えて、夜勤の回数が月四回以下になったら素晴らしいのに。理事長おなしゃーす。

 

では、本日のテーマ「介護士は誰にでも出来る仕事」です。

ホリエモンさんが2016年の8月に発言したものみたいですね。もっと最近だと思っていたのですが、それは保育士さんに対するものだったようでした。

 

介護の仕事に従事している者として、このホリエモンさんの発言を受けての率直な感想ですが、「確かに介護士は誰にでも出来る仕事だと思います」です。

ただ「出来る」と言っても「始めることが出来る」という意味で、ですが。

介護職はご存知の方も多いとは思いますが、人手不足なのでいつでも求人がたくさんあります。

業務内容も大雑把に言うと排泄、入浴、食事、臥床、利用者様とのコミュニケーション(体調観察)なので特殊な技術や知識を持っていなくても業務をこなすことは可能になっています。

利用者様が剥っていた(皮膚が剥がれ出血する)時は看護士さんに報告し、処置をしてもらうし、食形態も問題が生じた際はリハビリの先生に確認してもらい判断してもらいます。

介護士は基本的に利用者様の日々の生活のサポートをして観察し、異常があれば専門職に報告していきます。(私と同じく介護士さんはこの文章を読んでいて「う〜ん」と思うかもしれないですね・・・だって実際は求められること色々・・・ありますもんね。)

 

これらをまとめると介護士は、「求人が多く採用されやすく、特別な資格がなくてもはじめることが出来る間口の広い仕事」です。

なので私はホリエモンさんの発言に言葉をプラスして「介護士は誰にでも始めることが出来る仕事」であると思います。

 

 

では、ここからは私の感情がかなり入るので閲覧者様をご不快にさせるかもしれないということをご了承頂きたいです。なので「それはちょっと・・・」という方は今日はこの辺で。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

私は上記にあった氏の発言がとても不快に思いました。発言はまぁ間違ってはいないけれど(正解してねーし)、あなたにそんなこと言われる筋合いはないです。介護という仕事を継続してやったことない人間が介護をバカにしたような発言をするな。薄っぺらい情報で得た知識で知ったかぶるな、です。

介護職は、始め易いけれど継続して仕事を続けるは誰にでも出来るものじゃない。

私は現在認知棟を担当していますが、多くの利用者様が在宅での生活が困難であるため施設で生活しています。自分の家族とすら一緒に暮らす事が出来ない利用者様の孤独を受容し、生活を支えることが無神経な人に出来ますか?

利用者様の残存機能を活かすためにどのようなアプローチをすればご自身で動いてくれるのかを多忙な業務の合間に確認していくことが効率ばかり考える人に出来ますか?

寝て、起きたら見守り易くするため一ヶ所に集められ、何もせず食事と週に数回の入浴とリハビリ、30分に満たないレクリエーションで終える日々を、エンドレスに繰り返す現実を見て少しでも変えていきたいという心を誰でも持てると思いますか?

 

介護は、本物の介護士は人を慮る人にしかなれない。

 

確かに現状は志の高い人は少ないのかもしれないです。

看護士、OTやPT、栄養士、ケアマネージャーといった様々な専門職の方と本来は密に連携を取らないといけないので介護士には広い知識が求められる。それをどう定着させていくかが今後の優秀な介護士の育成する課題であると思います。

 

我々介護士も現状に不満を持つだけではなくて、それを解決するために自分の技術や知識を高める必要がある。

そうすれば介護士という仕事は今よりもやり甲斐のある職業になる。

例えそれが我々が現役を退いた後だとしても。今から変えていく意思を持った方が良いと思うのです。

 

以上になります。自分の思いを、核心的な部分をお話しするのはやはり恥ずかしいですね・・・。

ここまで読んでくださった皆様ありがとうございます。感謝でございます。

それではまた。

マンガの違法アップロードについて

介護のことについて書きたい!と自己紹介文で言っていたにもかかわらず最初から趣味に関する話題でごめんなさい。

 

少しだけ言い訳をさせて下さい。今日はお仕事がお休みだったんです。家でゴロゴロしながらタブレットをいじっていたら上記について書かれている記事があって、そしたら思うところがあって・・・なので本日はこちらについて書かせて下さい。

 

私はマンガが大好きです。

私が初めて手にしたマンガは確かドラゴンボールの15巻です。父が仕事から帰って来た時に唐突にくれました。何故この巻だったのかはわかりません。(ちなみに兄は29巻をもらっていました)ともかくこれが私とマンガとの出会いでした。

当時まだ保育園児だった私はそのマンガを何度も何度も見返していたので小学校に入る頃にはカバーも本もしわくちゃになっていました。

そしてお小遣いをもらえるようになってから兄と協力しながら少しずつマンガを増やしていきました。

父による幼いころからの英才教育によって我々は順調にマンガ大好きっ子に成長しました。今でも兄弟揃って30歳越えてもマンガを買っています。

兄はワンピースやハンターハンターを全巻揃えているし、私はワールドトリガーとかを揃えています。ワートリ早く再開して欲しいです・・・。作者様早くお体良くなってくださいませ。

他にも読破した本は多数ありますが、マニアックなものも多々ありますので割愛させていただきます。本当はすごく、色々な作品を語りたいですが・・・!

 

とまぁ私がどのくらいマンガを好きでいるかをお話しさせていただいたのですが、やっと本日のお題『マンガの違法アップロードについて』です。

 

正直な話、私もネットにアップロードされたマンガを見てしまった事があります。しかも一度ではないです。常習的にです。素晴らしいマンガを描いてくださった作者様方大変申し訳ありませんでした。記事を読むまで罪の意識がありませんでした。作者様の生活の事を考えもせず、無料で見れてラッキーくらいの軽い気持ちで見ていました。他者を慮ることもしていなかった自分を今し方やっと恥じています。ごめんなさい。自己中心的な人に対して嫌悪感をもってしまう者としてとても恥ずかしいです。

今後は正当な対価を払って購入させていただきます。

でも、電子書籍とかの試し読みだけはさせてください。

大人は、仕事をしていてある程度自由に使えるお金がある方はマナーの意識を持ってマンガと接さなくてはいけないと痛感しました。

 

改善されないのなら違法アップロードを本腰を入れて取り締まってもらうとか(他人任せな意見ですみません)も検討すべきと思います。

 

でも、ここで大きな問題を見落としていると私は思うのです。

今回拝見させていただいた記事にもふれていなかった事です。

 

それは、読みたいマンガを買うという事が出来ない人が数多くいるということです。金銭的に、とくに年齢の若い層において。

大人のことはいいんです。頑張ってマンガを買うお金を捻出していただいて一緒にマンガ業界を支えていきましょう。マネーで。

ただ子供たちにも同様の負担を・・・というのは少し酷な話かなと思ってしまいます。

私はとても恵まれていて、父も兄もマンガが好きなので子供のころ色々なマンガを読むことが出来ました。しかも二人とも私より年上なので自由なお金の総量が多く色々なジャンルを勝手に開拓してくれるというオプション付きです。一人っ子が多い現代の子供からすればチートレベルじゃないでしょうか若かりし頃の私。

話逸れましたが私が言いたいことはつまり『使えるお金が限られている子が違法の無料マンガを閲覧せずどうやって現状のマンガ読み数を維持するか』+『マンガ制作者様の収入を守れるか』ということです。

高校生であればバイトをすればいいと言う意見もあるとは思いますが、マンガが好きな子は割と内向的なタイプが多いと思うのです。なのでアルバイトって結構ハードル高い気がするんですよね・・・接客とかリア充と一緒にいる空間とか辛いじゃないですか。苦労は買ってでもしろと言われますが、人ってそんなに強くないし、ましてや子供なら楽な方(無料閲覧)にいってしまうのは自然な流れかと。

私は、お小遣いの少ない人が安価な値段でマンガを購入出来るプロセスがあれば少しず改善してくれるのではないかと考えます。

例えば、ただ本の単価を下げてしまっては出版社も漫画家も苦しくなってしまうので、読者から企画を無料で提供してもらって、採用されれば何%offとかのクーポンをプレゼントするとか。まぁ人生経験がまだ少ない方からのアイディアが多くなると思うので採用が難しいかったり、企画を誰が処理してそのコストはどうするんだ・・・と問題だらけですが。出版社のデメリットがかなり大きいし。それでも将来有望な若者を発掘できるかもしれないし、マンガにふれる人口が増えるかもしれないので、そんなシステムがあったら良いなぁと妄想しています。

 

素敵なマンガが今まで通り生まれる日本であって欲しいです。

 

長々と長文失礼致しました。読んでいただきありがとうございます。

皆様のご意見も是非お聞きしたいです。

 

書いている間に深夜3時になってしまいました。明日早番なのにな・・・。職場の同僚や利用者様にご迷惑を掛けないようにしないとです。

 

それでは、おやすみなさい